iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2018年3月17日土曜日

iPhoneのバッテリー(電池)を長持ちさせるGPSとApp更新の設定

iPhoneのバッテリー(電池)の消耗が早くなったと感じたら、アプリのGPS(位置情報)とAppのバックグラウンド更新の設定を確認しましょう。GPSを常に使い付ける設定になっているアプリが紛れ込んでいるかもしれません。

GPS(位置情報)設定

iPhoneの「設定」アプリの「プライバシー」を開いて、「位置情報」の設定が「常に許可」になっているものがないかチェックしましょう。
位置情報に連動させる必要がないアプリなら「許可しない」に、必要なときだけ位置情報を連動させたいアプリなら「このAppの使用中のみ許可」に設定しましょう。

Appのバックグラウンド更新の設定

Appのバックグラウンド更新の頻度を下げることもバッテリーの節約になります。iPhoneの「設定」アプリの「一般」を開いて、「Appのバックグラウンド更新」の設定が「Wi-Fiとモバイルデータ通信」になっていたら、「Wi-Fi」にしましょう。
Appを自動更新しない方は、「オフ」でかまいません。そのほうがバッテリーはより長持ちします。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿