iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2017年9月2日土曜日

Dropbox上にあるスライドをiPhoneのPowerPointアプリに転送

以前にPowerPointスライドをPCからiPhoneに取り込んでiPhoneからプロジェクタに映す手順を紹介しました。このときは、メール添付でPCからiPhoneにPowerPointスライドを送りましたが、Dropboxをお使いでしたら、こんな面倒なことは必要ありません。

iPhoneでDropboxアプリをお使いでしたら、Dropbox上にあるPowerPointスライドをiPhoneのPowerPointアプリに転送することもできます。

PowerPointアプリとDropboxアプリの接続設定

iPhoneでPowerPointアプリを起動し、「開く」ボタンをタップします。
Dropboxをタップします。
「PowerPointがDropboxを開こうとしています」に対して「開く」ボタンをタップします。
「Microsoft Office IngegrationがDropbox内のファイル/フォルダへのアクセスをリクエストしています」に対して「許可」をタップします。
「場所」画面に「Dropbox」が追加されたことを確認します。

DropboxからPowerPointアプリにスライドを転送

PowerPointアプリの「開く」ボタンをタップし、「Dropbox」をタップします。
取り込みたいスライドをタップします。
「編集と保存を行うには、Office365サブスクリプションでサインイン・・・」の「×」ボタンをタップします。
この警告は、Office365の有料契約をするまで(無料で使っている限り)、毎回表示されます。もちろん、PowerPointスライドをiPhoneからプロジェクタに映すだけなら、Office365の有料契約は必要ありません。

スライドを再生するには、「再生(右向き三角)」ボタンをタップします。

Share:

0 コメント:

コメントを投稿