iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2016年5月7日土曜日

Kingsoft PresentationでPowerPointファイルのフォントを一括置換

PowerPoint 2010にはすべての文字のフォントをまとめて置換する機能があります。

この機能は、例えばMacフォントが使われているPowerPointファイルをWindowsで直したいというときに重宝します。

これと同じことがKingsoft Presentation 2016でもできるようになりました。

Kingsoft Presentation 2016でPowerPointファイルのフォントを一括置換する方法は、PowerPoint 2010と全く同じです。

Kingsoft Presentation 2016でPowerPointファイルを開いたら、「ホーム」タブの「置換」メニューから「フォントの置換」を選びます。

現在のフォント(置換したいフォント)」と「置換後のフォント」をそれぞれセットして「置換」をクリックすると、ファイル上のすべての文字のフォントが変わります。

実際に仕事でPowerPointファイルのすべての文字のフォントを直さなければいけない状況を経験しているので、この機能を知らなかったら、いちいち個別にフォントを直すという面倒な作業が待っているところでした。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿