iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2015年10月31日土曜日

PowerPointの新規ファイルのデフォルトフォントをメイリオに

PowerPoint2013で新規ファイルのデフォルト(起動時)のフォントをメイリオに設定する方法をまとめます。

新規ファイルを開いて、「表示」メニューの「プレゼンテーションの表示」グループの「スライドマスタ」を開きます。

左側のマスター欄でトップのマスターを選んでから、「スライドマスター」メニューの「テーマの編集」グループの「フォント」サブメニューを開いて、日本語フォントがメイリオになっているものを選びます。

スライドマスターを閉じる」をクリックしてから、「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」を開きます。

ファイルの種類を「PowerPointテンプレート(*.potx)」に指定してから、保存場所を C:\Users(ユーザー)\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Templates に指定して、blank.potx というファイル名を付けて保存します。

PowerPointを一旦終了してから、再度開くと新規ファイルのテンプレートにDefault Themeが追加されます。

以後、Default Themeを開くとデフォルトフォントがメイリオになります。

なお、ファイルによっては、フォントパターンを設定したのに、新しくテキストボックスを作ると「MSPゴシック」になってしまうことがあります。

そのようなときには、テキストボックスを選択したらすぐに、そのフォントを「メイリオ」に設定して、そのテキストボックスを選択した状態のまま右クリックして「既定のテキストボックスに設定」して「保存」します。

以降、そのファイルでテキストボックスを作ると、デフォルトのフォントが「メイリオ」になります。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定