2016年12月23日金曜日

PowerPointスライドをiPhoneからプロジェクタに映す(プレゼンテーション)

以前はPowerPointのスライドを映してプレゼンテーションするにはパソコンが必要でしたが、今ではiPhoneで十分です。

PowerPointのスライドをiPhoneでプレゼンテーションするには、iPhoneにPowerPoint対応アプリとDropboxアプリを入れておいて、PowerPointファイルをiPhoneに送ることが必要です。

以前にPowerPointファイルをiPhoneのWPS Officeに送る手順を紹介しました。今回は、その続きで、iPhoneをプロジェクタに繋いでWPS OfficeでPowerPointスライドを映すプレゼンテーション手順について紹介します。

iPhoneをプロジェクタに繋ぐには、「Apple Lightning - VGAアダプタ MD825AM/A」を使います。

プロジェクタの端子がHDMIの場合は、「Apple Lightning - Digital AVアダプタ MD826AM/A」を使います。
iPhoneとプロジェクタの映像ケーブルの間に、上記のいずれかのLightningアダプタを繋ぎます。

これでiPhoneの画面がプロジェクタに映ることを確認してから、iPhoneでWPS Officeを開いて、読み込みたいファイルをタップします。

(再生)ボタンをタップすると、スライドが映し出されます。

再生オプション」をタップすると、スライドとノートをiPhoneに表示して、スライドだけをプロジェクタに映すことができるようになります。

再生オプションで「ノートを再生」をタップします。

スライド画面では、右から左にスワイプすると次のページに、左から右にスワイプすると前のページに移ります。

追記

VGAアダプタでiPhoneをプロジェクタにつなぐと、WPS Officeでは画面の左端が切れることがわかりました。VGAアダプタで繋ぐ場合には、アプリはWPS OfficeではなくPowerPointをお薦めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿