2014年7月26日土曜日

Facebookアプリが「続行」のまま起動しない

Facebookのパスワードを変えた後や二段階認証をかけた後などに、iPhoneでFacebookアプリが起動中に「続行」のまま止まってしまうことがあります。
そんなときは、(あなたではありませんか?)をタップして、ログイン画面を出してから、ログインし直します。




2014年7月19日土曜日

Chromeに英和辞典検索を組み込む

Google Chromeに英辞郎やWeblioなどの英和辞典検索を組み込んでおくと、英文のウェブページを読むのに重宝します。

Chromeの画面右上にある横三本線の「Google Chromeの設定」ボタンをクリックして、「ツール」→「拡張機能」を開きます。

拡張機能」画面の最下部にある「他の機能拡張を見る」をクリックします。

英辞郎検索ボタンをつける場合


Chromeウェブストア」の検索窓に「英辞郎」と入力します。「英辞郎 on the WEB 拡張機能」の「無料」ボタンをクリックします。(「英辞郎 on the WEB Pro」と間違えないように

新しい拡張機能の確認」で「追加」をクリックします。

Google Chromeの設定」ボタンの左側の「英辞郎」ボタンをクリックします。英辞郎Proの広告が出たら、「次回から表示しない」にチェックして「閉じる」と、広告が出なくなります。

Weblioポップアップ英和辞典ボタンをつける場合


Chromeウェブストア」の検索窓に「weblio」と入力します。「Weblioポップアップ英和辞典」の「無料」ボタンをクリックします。(Weblioエクステンションと間違えないように

新しい拡張機能の確認」で「追加」をクリックします。
これでWeblio英和辞典がインストールされました。

ただし、Weblio英和辞典の初期設定では、英単語をマウスオーバーするだけで訳語がポップアップされて、ちょっと目障りです。

英単語を選択した時だけ訳語がポップアップされるように設定を変更するには、「Google Chromeの設定」ボタンの左側の「Weblio」ボタンをクリックして、「詳細設定」の「オプション」を開きます。

英単語を選択状態にしてポップアップ」を選んで「保存する」をクリックします。

英辞郎検索とWeblioポップアップ辞典の使い分け


英辞郎」は、例文の豊富さが魅力です。訳語だけでなく例文を見たいときに使います。

Weblioポップアップ英和辞典」は、英単語を選ぶだけですぐにポップアップして訳文を表示するのが魅力です。英文を流し読みするときにはWeblioのほうが便利です。

また、Weblioは専門用語辞典とも連携しているので、専門用語の多い英文を読むときにも便利です。さらに、Weblioアカウントがあれば、単語帳登録もできるので、復習にも重宝します。


2014年7月12日土曜日

英文PDFを読むのに便利なAdobe Reader用の英和辞典

英文のPDFを読むときに、Adobe Readerに英和辞典を入れておき、英単語を選ぶと、その意味が表示されるようにしておくと非常に便利です。

Weblioのウェブサイトからインストーラをダウンロードします。

Weblioのウェブサイトの説明に沿ってインストールします。

英文PDFをAdobe Readerで開きます。(Adobe Acrobatも入っているPCでは、PDFファイルを右クリックして「Adobe Readerで開く」)

英単語をマウスオーバーすると、その訳語がポップアップ表示されます。

なお、マウスオーバーするだけで訳語がポップアップするのが目障りな場合は、「Weblio」メニューの「Weblioプラグイン環境設定」を開いて設定を変更します。

「ポップアップさせる動作」を「英単語を選択状態にしてポップアップ」に変更しておきましょう。

2014年7月5日土曜日

Becky!にBkSearchで英和辞典検索をつける

Becky!インターネットメールにBkSearchというプラグインを入れて、メール本文にある英単語を英和辞典検索できるようにしておくと非常に便利です。

VectorからBkSearchをダウンロードします。

C:\Program Files (x86)\RimArts\B2\PlugIns ディレクトリに、BkSearch.dllBkSearch.confを移動します。

BkSearch.confがない場合は、BkSearch.dllだけ入れてBecky!を起動すれば、自動生成されます。

次にBecky!を終了してからBkSearch.confをメモ帳などのテキストエディタで開きます。

[WikiPedia で検索(&W)]
FrontURL=http://ja.wikipedia.org/w/wiki.phtml?search=
Encode=UTF8 
#[Explorerで開く(&E)]
#Program="C:\WINDOWS\explorer.exe "

上記の5行を下記のように書き換えます。

[Weblioで検索(&W)]
FrontURL=http://ejje.weblio.jp/content/
Encode=UTF8 
[英辞郎で検索(&E)]
FrontURL=http://eow.alc.co.jp/search?q=
Encode=UTF8

これでメールの中の英単語をWeblioや英辞郎などのオンライン辞書で調べられるようになります。

Becky!を起動して英単語を右クリックして「Weblio」か「英辞郎」を選ぶとブラウザが起動して、その単語の訳語が表示されます。
BkSearchが使えるのはプレーンテキスト画面だけです。

2014年7月3日木曜日

iPhoneでキーボードの設定が固まったように動かない

「設定」→「一般」→「キーボード」を開こうとしたところ、何をタップしてもまるで固まったかのように動きません。

フリーズしたのか?


そのまま1分ほど放置して戻ってきたら、なんとキーボード画面が動きだしました。

しかし、辞書登録も同様にタップしてから反応するまで1分以上かかることがわかりました!

この問題の原因も解決策も不明です。ただし、この現象は待てば動き出すことから、少なくともフリーズではないことだけがはっきりしました。

2014年7月1日火曜日

iPhoneで辞書登録ができない(消えた)ときは

iPhoneをiOS 7.1にアップグレードしてから辞書登録ができなくなりました。そればかりか登録した単語も消えていました。

インターネットでググってみると、iPhoneの「設定」→「一般」→「キーボード」やiCloudの設定を変える方法が出ていますが、どう変更しても辞書登録機能が復活しませんでした。

ところが、ある日、iPhoneがSIMカードを認識しなくなって、仕方なくSIMカードを挿し直して起動したところ、以前登録した単語が変換できるようになっていました。
もしかして辞書登録が復活したのか?
と思って、「設定」→「一般」→「キーボード」を開こうとしたところ、何をタップしてもまるでフリーズしたかのように動きません

そのまま1分ほど放置して戻ってきたら、画面が動きだし、なんと辞書登録機能が復活しました!

しかし、どういうわけか辞書登録もタップしてから反応するまで1分ぐらい待たされます。

辞書登録だけはSIMカードの挿し直しで復活しましたが、「設定」→「一般」→「キーボード」に入ると何をタップしても1分ぐらい待たされるという問題が残っています。