2014年12月27日土曜日

WiFi(無線LAN)通信速度を測るOOKLA(iPhoneアプリ)

WiFi(無線LAN)の通信スピードをテストするのに、iPhoneアプリ"OOKLA(ウークラ)"を使っています。

インターフェイスのセンスがよく、使い方も簡単です。"OOKLA"を起動して「テスト開始」をタップして待つだけです。

しばらく待つとping送信テストが始まり、
ダウンロード速度のテストに進み、

アップロード速度のテストで終わります。

以前はNTT東日本のインターネット通信回線速度測定のサイトを使っていましたが、閉鎖されてしまったので、"OOKLA"に乗り換えました。

2014年12月23日火曜日

FONルータ2405eのWi-Fi通信速度の設定

FONルータ2405EをWindows XP機用に設定していたため、本来の通信速度を犠牲にしていました。わが家の最後のXP機を処分後、設定を戻したときの手順をまとめます。

FONルータ2405EのWi-Fi通信速度の設定するには、ブラウザからFONルータの管理画面にログインします。

Go Toメニューから「Wi-Fi」画面を開きます。

モード」を「n/g/bミックス」に、「11Nモード」を「150Mbps」に設定し、「完了」します。

画面下部に「成功」と表示されたら、「ログアウト」します。

上記の設定の前後で、Wi-Fiの通信速度を測定したところ、格段に速くなっていました。

2014年12月21日日曜日

Lumosity (iPhoneアプリ)を強制的に英語表記に戻す

脳トレゲーム"Lumosity"のiPhone版がついに日本語化されました!

と思ったら、なんとゲームの中身まで日本語化されてしまって、残念なことになっています。残念すぎるのが、"Brain Shift"改め「ブレインスイッチ」。

英語版では、上のマスに何か表示されたとき、その数が「偶数」ならYES、下のマスに何か表示されたとき、その文字が「母音」ならYESを選ぶというルールで、頭を速く正しく切り替えるゲームです。

ところが、日本語版では、文字の部分が「ひらがな・カタカナ」に変わってしまい、下のマスのときは「ひらがな」ならYESを選ぶ仕様になりました。

App Storeのレビューにもありましたが、ひらがなの「せ」とカタカナの「セ」は紛らわしくて困ります。
英語を話せない小学生の息子でさえ以前の「母音」と「子音」を区別するルールで何の問題もなく遊べていたぐらいですから、元の仕様に戻してほしいものです。

そんな要望メールを"Lumosity"に入れつつも、いつ元に戻るかわからないので、とりあえずiOSの標準言語を英語にすることにしました。

iPhoneの「設定」→「一般」→「言語環境」の「言語」を「日本語」から「英語」に切り替えます。

これでiPhoneの表記がすべて英字に切り替わってしまいます。日本語アプリのタイトルが英字表記に変わってしまいますが、日本語専用アプリ内は日本語のままで表示されます。日本語入力もこれまで通りできます。

"Lumosity"ファンのための備忘録でした。

2014年11月29日土曜日

Mac/PC版iTunesでiPhoneの所有者情報を削除

iPhoneを買い換えたので、古いiPhoneをiPod touchとして妻に譲ることにしました。ところが、iPhoneのデータを削除して、iPhoneの「設定」でApple IDからログアウトするだけでは所有者情報を消すことができないようです。この記事は、iPhoneの所有者情報の削除について試行錯誤した備忘録です。

MacまたはPCでiTunesを起動します。iTunes画面の左上にある「アカウント」を開きます。
iTunes in the Cloud欄の「デバイスの管理」を開きます。
「デバイスの管理」画面で所有者情報を削除したいiPhoneを選んで「削除」して「完了」します。
これでやっと古いiPhoneが妻のApple IDで使えるようになりました。

2014年11月22日土曜日

Java Plug-In SSV Helperは必要か

Internet Explorer 11(IE11)を起動すると、「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度が上がります」というメッセージが出ることがあります。

「アドオンの選択」画面でよく見かけるJava Plug-In SSV Helperは必要なのでしょうか?それとも無効にしてもよいものなのでしょうか?


判断に困って調べてみたら、米国のMicrosoft Communityで全く同じ質問を見つけました。この回答がわかりやすかったので、ポイントをまとめます。

このアドオンは、企業などの情報システム管理者が、企業内の端末のJavaプラグインの設定を一斉に変更するためのものだそうです。

そのため、個人ユーザーにとっては意味のあるものではないので、問題なく無効にできるようです。(企業ユーザーは情報システム担当者の許可なく無効にしてはいけません。)

2014年11月8日土曜日

Kingsoft Office 2012から2013へのアップグレード

Kingsoft Office 2012から2013に自動でアップグレードされるものと思い込んでいましたが、私のKingsoft Officeはいつまでたっても2012のままです。

どうやら自動的にアップグレードされるわけではないけれども、無料ではアップグレードできるようです。

Kingsoft Office 2013は、Microsoft Office 2007/2010形式(拡張子.docx, .xlsx, pptx)のファイルの読み書きができるとのことで、Kingsoft Office 2012から2013に手動でアップグレードしてみました。

まず、Kingsoft Office 2012のシリアル番号カードを手元に用意しておきます。

次に、Kingsoft Office 2013の公式ダウンロードページにアクセスし、「無料体験/ダウンロード」ボタンを押してインストーラをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラ(kso2013.exe)を開いて、「次へ」進みます。

このライセンス契約書に同意します」にチェックして「次へ」進みます。

シリアル番号を入力」を選んで、シリアル番号を入力して、「インストール」します。

最後に、「次へ」をクリックして、インストール完了です。

インストールが完了すると、自動的に広告画面が開きます。特に必要なければ、「×」をクリックして閉じます。

2014年11月1日土曜日

右クリックメニューの[送る]でZIP圧縮できない

Windows7でファイルを右クリックして[送る]サブメニューから[圧縮(zip形式)フォルダ]を選んでも、
圧縮(ZIP形式)フォルダーエラー 
操作を完了できません。アクセスが拒否されました。
というエラーが出て、ZIP圧縮できなくなりました。

そんなときは、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp を右クリックして「プロパティ」を開いてから、「セキュリティ」タブを開いて、Tempフォルダのアクセス権を確認してみましょう。
上図のように、「グループ名またはユーザー名」の中に何のユーザー名も割り当てられていなければ、Tempフォルダのアクセス権のデータが壊れています。

その場合は、「編集」をクリックして、「グループ名またはユーザー名」を開きます。

ユーザーまたはグループの選択」画面で「詳細設定」をクリックします。

検索」をクリックして、「検索結果」からそのPCにログインしているユーザー名を選びます。

下図のようにユーザー名が追加されたら、「OK」をクリックします。

グループまたはユーザー名」に、そのユーザー名が追加されたら、右クリックメニューのZIP圧縮機能が復活します。

2014年10月25日土曜日

iCalでGoogleカレンダーを同期できない

MacのiCalがいつの間にかGoogleカレンダーと同期できなくなっていました。iCal起動直後に「サーバからエラーが返されました。」というアラートが出て全く同期しません。

このエラーは、GoogleカレンダーのAPIの仕様が変更されたことが原因です。

この解決には、iCalの「環境設定」→「アカウント」を開いて、画面左下の「−」をクリックして一旦アカウントを削除します。

次に、Googleウェブサイトの「CalDAVスタートガイド」にしたがって設定します。

2014年10月18日土曜日

Outlook2013の予定表でスケジュールを自動で色分け

Outlook2013の予定表は、件名に応じてスケジュールを自動で色分けすることができます。この機能を使うと単色だった予定表がグッと見やすくなります。設定方法は次の通りです。

Outlookの予定表の「表示」メニューから「ビューの設定」を開きます。

ビューの詳細設定」の「条件付き書式」を開きます。

追加」して「名前」に自分がわかるような色分けのルール名を入力し、「」をメニューから選んで、「条件...」を開きます。

この文字をスケジュール名に入れたら指定した色に変わるように設定したいという文字を「検索する文字列」に入力し、「検索対象」を「件名」にして「OK」。

上記のような設定で、Outlookの予定表が件名に応じて自動的に色分けされるようになります。

2014年10月11日土曜日

iPhoneのオーディオブックのリピート再生

iPhoneのオーディオブックにはリピート再生機能がないので不便だと思い込んでいました。ところが、オーディオブックでリピート再生する方法がわかったので、その備忘録をまとめます。

いったんミュージックに切り替えて、何かの曲を再生します。「リピート」をかけてから、曲を止めます。

オーディオブックに戻って、再生してみると、リピート再生になります。

2014年9月27日土曜日

Lumosityの年会費の自動更新の解除

Lumosityの年会費はデフォルトで自動更新に設定されています。そのことをうっかり忘れていたら、よりによってこの円安のタイミングで自動的に引き落とされてしまいました。

来年はそんなことにならないよう、自動更新を解除しました。この記事は、その手順の備忘録です。

Lumosityのアカウントにログインし、右上隅に表示されているユーザー名をクリックして、ドロップダウンメニューからAccount Settingsを選びます。

Billing InformationManage Billingを開きます。

画面の最下部にあるAuto-RenewalCancel Auto-Renewalを開きます。

「自動更新を解除すると●年▲月■日まではフルアクセスできますが、それ以降はトレーニングプログラムやトレーニング履歴にフルアクセスできなくなります。」という注意書きの下にあるCANCEL AUTO-RENEWALをクリックします。

解約理由のアンケートに答えて、念押しのCANCEL AUTO-RENEWALをクリックします。


2014年9月13日土曜日

iPhoneアプリに表示される邪魔広告を撃退

無料アプリでは広告表示を受け入れざるをえませんが、見た目がいかがわしい広告まで受け入れることはありません。この手の邪魔広告は↓このようにして撃退しましょう。

Googleの広告なら、広告の端に(i)ボタンが表示されます。ここをタップします。

×問題がある広告として報告」をタップします。

関連性が低い」または「不適切」のいずれかをタップします。

しばらくすると、この広告は表示されなくなります。

2014年9月6日土曜日

Bloggerで複数記事のラベルを一括変更する

Bloggerの複数の記事のラベルを一括変更するには、管理画面にログインして、「投稿」の「すべてのラベル▼」メニューから一括変換したい(変換前の)ラベルを選びます。

記事の全選択のチェックボックスをチェックして、「ラベル」マークのメニューから変換したい(変換後の)ラベルを選びます。
これでラベルが追加されます。

再び「ラベル」マークのメニューから削除したい変換前のラベルを選びます。
これで変換前のラベルが削除されます。

2014年8月30日土曜日

Microsoft Security EssentialsではDropboxにカスタムスキャン

Microsoft Security Essentials (MSE)のクイックスキャンで問題がなければ安心だと思ってこんでいました。

ところが、先日ウィルスが含まれているファイルを受信してしまったので、それを実行不可能な形式にしてDropboxフォルダに置いてからクイックスキャンをかけたところ、何も検出されませんでした。その後、フルスキャンをかけてみたら「危険」と判定されました。

このことから、MSEのクイックスキャンでは、Dropboxフォルダは守られないことがわかりました。とは言え、MSEのフルスキャンに6時間もかかったので、毎回フルスキャンというわけにもいきません。それ以来、カスタムスキャンしています。

MSEを起動して「スキャンのオプション」を「カスタム」にして「今すぐスキャン」します。

Users」→「ユーザ名」→「Dropbox」にチェックして「OK」すると、Dropboxフォルダがスキャンされます。

なお、MSEのクイックスキャンはマイドキュメントなどライブラリのフォルダをスキャンしているようなので、「Users」→「ユーザ名」以下の全フォルダをチェックしておけば、Dropboxフォルダとクイックスキャンの対象フォルダがスキャンされるはずです。

2014年8月23日土曜日

複数のソーシャルボタンをまとめて設置するShareThisの使い方

以前はFacebookやTwitterなどの複数のソーシャルボタンを個別に貼り付けていました。しかし、ブラウザによってはきれいに並ばないので、手間のわりに報われません。そこで、海外のウェブサイトでよく見かけるShareThisを使うことにしました。

Facebookの「いいね」ボタン、Twitterの「ツイート」ボタンなどの複数のソーシャルボタンを簡単に貼れて、きれいに並ぶ非常に便利なツールです。ここでは、Bloggerを例にShareThisの使い方をまとめます。

ShareThisにアクセスして[Get the code - it's free!]ボタンをクリックします。

ソーシャルボタンを貼り付けるプラットフォームを選びます。

ソーシャルボタンのスタイルを選びます。

[Selected Services]欄から要らないボタンを[Sharing Buttons]にドラッグ&ドロップします。

追加したいボタンを[Sharing Buttons]または[Other Social Plugins]から[Selected Services]にドラッグ&ドロップして[Get the Code!]をクリックします。[Search]にSNS名を入れてボタンを検索することもできます。
[Search]にSNS名を入れてボタンを検索することもできます。このブログには[Other Social Plugins]から[Facebook Like(いいね)]と[Google +1]を追加し、[Sharing Buttons]から[hatena]で検索して「はてなブックマーク」を追加しています。

SNSのボタンをクリックしてSNSに連携させるか、メールアドレス、パスワードを入力するかして、[Create Account]でShareThisのアカウントを作ります。

[Code section]からコードをコピーします。

Bloggerの管理画面にアクセスして「レイアウト」のフッターかどこかに「ガジェットを追加」します。

[HTML/JavaScript]を選んで[+]をクリックしてから、「HTML/JavaScriptの設定」画面の「コンテンツ」にコードを貼り付けます。「タイトル」はブランクのままで「保存」します。
↓このように複数のソーシャルボタンがまとめて貼り付けられます。