iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2016年4月2日土曜日

ウェブ更新通知サービスVisualpingの使い方

あらかじめ登録しておいたウェブページが更新されたら更新内容を通知してくれるVisualpingには、メール通知とバッジ通知の2種類の通知方法があります。

このブログで以前にメール通知の手順を載せましたが、今回はブラウザ上のバッジでウェブページの更新を通知する使い方をまとめます。

Chromeでチェックしたいウェブページを開いておいて、Visualpingボタンをクリックします。 Browser タブをクリックしてから Start Monitoring をクリックします。

下記の画面が表示されたら登録完了です。なお、Visualpingは目障りなポップアップ通知がデフォルトで設定されています。初回登録時に Settings ボタンをクリックして、設定を変更しておきましょう。

DESKTOP NOTIFICATIONS が目障りなポップアップ通知機能です。これを Disabled(無効)に変えておきましょう。

なお、メール通知よりバッジ通知を優先表示させたい場合は、FIRST WINDOW を Server (メール通知)から Browser (バッジ通知)に変えておきましょう。

VisualpingFeedlyGoogleアラートの3つで仕事上必要なウェブページの更新情報は、国内外ほぼ漏れなくチェックできるようになりました。

参考

Share:

0 コメント:

コメントを投稿

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定