iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2016年4月30日土曜日

Kingsoft Office 2013から2016へのアップグレード

KINGSOFT Office 2016がリリースされました。2年前にKingsoft Office 2012から2013へのアップグレードしたときと同様に、2013から2016にも無料でアップグレードできました。

Kingsoft Office 2016体験版のダウンロードページにアクセスして、「体験版を無料ダウンロード」をクリックすると、インストーラのダウンロードが始まります。

ダウンロードしたインストーラ "kso2016.exe" を起動します。

このライセンス契約書に同意します」にチェックします。それ以外の項目のチェックは外してもかまいません。「インストール」をクリックすると、旧バージョンのKINGSOFT Officeを自動検知してアップグレードしてくれます。

下記の画面が出たらインストール完了です。右上にある×をクリックして閉じます。

インストール後にスタートメニューから[KINGSOFT Office]→[Kingsoft Officeツール]→[シリアル管理]を起動して、旧バージョンのシリアル番号が引き継がれていることを確認しましょう。

KINGSOFT Officeは前職でコスト削減のために導入されましたが、Microsoft Officeとの互換性も含めて何の問題もありませんでした。それ以来、個人でもKINGSOFT Officeを使っていますが、何の違和感もありません。

機能性も操作性もMicrosoft Officeと遜色なく、数千円の価格なのにアップグレード無料とは、KINGSOFT Officeが国内でもじわじわと広まっているのも頷けます。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿