iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2016年2月27日土曜日

Facebookの公開範囲の設定を友達までに一括変更

「Facebookをデフォルト設定のまま使っていると、あなたの写真もプロフィールもすべてのFacebookユーザーに公開されている」という事実をご存知でしょうか。

・・・ということは・・・

仕事上で知り合った人がFacebookにログインして私のことを検索したら、タイムラインどころか、私のプロフィールも、交友関係も、家族の写真も丸見えになっていた
ということです。

新しく知りあった人の電話番号やメールアドレスをスマートフォンの連絡先に登録してからFacebookアプリを開くと、その人が「知り合いかも」に表示されますよね。

・・・ということは・・・

電話番号やメールアドレスを交換した相手がスマートフォンの連絡先に私の電話番号やメールアドレスを登録したら、その人のFacebookでも私が「知り合いかも」に出てくるということです。

その人がそのまま「知り合いかも」を開くと、友達ではないのに、私の情報が丸見え!ということです。

これは、どう考えてもまずいでしょう。

  • 友達以外のFacebookユーザーに自分の情報を公開したくない
  • スマートフォンで電話番号やメールアドレスを交換した人の「知り合いかも」に出てほしくない
という人は必ず次のようにプライバシー設定しましょう。

PCのブラウザでFacebookにログインしたら、画面右上の▼ボタンをクリックして「設定」を開きます。

画面左側の「プライバシー」を開きます。

今後の投稿の共有範囲が「公開」ならすべてのFacebookユーザーにあなたの情報は丸見えです。今後の投稿の共有範囲を「編集」して「友達」に変更して「閉じる」。

ただし、これだけでは、過去の投稿は公開されたままです。

過去の投稿を制限」をクリックしてから、「共有範囲を変更」して「閉じる」。

これでタイムラインだけでなく、写真やプロフィールも含めてすべてのコンテンツの公開範囲が友達に制限されます。

次に、電話番号やメールアドレスを交換した相手の「知り合いかも」に出さないように設定しましょう。

メールアドレスを使って私を検索できる人」や「電話番号を使って私を検索できる人」が「公開」になっていると、スマートフォンで電話番号やメールアドレスを交換しただけで、相手のFacebookの「知り合いかも」にあなたが出てきてしまいます。

これらを「編集」して「友達の友達」に変更して「閉じる」。

ついでに「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」が「いいえ」になっていることを確認しましょう。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿