iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2014年10月25日土曜日

iCalでGoogleカレンダーを同期できない

MacのiCalがいつの間にかGoogleカレンダーと同期できなくなっていました。iCal起動直後に「サーバからエラーが返されました。」というアラートが出て全く同期しません。

このエラーは、GoogleカレンダーのAPIの仕様が変更されたことが原因です。

この解決には、iCalの「環境設定」→「アカウント」を開いて、画面左下の「−」をクリックして一旦アカウントを削除します。

次に、Googleウェブサイトの「CalDAVスタートガイド」にしたがって設定します。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定