iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2013年11月2日土曜日

Bloggerのアクセス対策(SEO)カスタマイズ

Bloggerの魅力は、カスタマイズです。「ブログサイト比較」のとおり、Google Analytics、Google AdsenseなどのGoogleのツールはもちろん、たいていのブログパーツやガジェットが自由に仕込めることです。

その一方、BloggerはGoogleのブログサービスでありながら、アメブロなどの日本のブログサービスのような「見てもらう仕組み」がほとんどありません。

アメブロからBloggerに引っ越してきてびっくりしたのは、アメブロなら新しい記事を載せただけで、直後に100PVぐらい増えたのに、Bloggerでは記事を公開しても、アクセスはせいぜい3~5PVでした。

そのぐらい「見てもらう仕組み」のないBloggerでアクセスを増やすのは至難の業です。アメブロからBloggerに移転したブログは、現在500PV/dayのアクセスがありますが、そこにたどり着くにはアメブロよりも時間がかかりました。

それでは、このブログで地道にカスタマイズしたポイントを以下にまとめます。
  1. 内部リンク強化:サイドバーに「ラベル」「人気の投稿」「ブログアーカイブ」のガジェットを追加
  2. <title>タグのカスタマイズ:<title>タグを「記事名」「ブログ名」の順に修正
  3. Google Analyticsに登録:Googleウェブマスターツールへの登録に必要
  4. ウェブマスターツールへのサイトマップ登録
  5. FeedBurner経由でTwitterに自動投稿
  6. ShareThisで複数のソーシャルボタンをまとめて設置
  7. Zapier経由でFacebookページに自動投稿(Facebookページを持っている場合)

Bloggerで海外向けに英語ブログを書く場合の工夫

Bloggerも含めてGoogleのサービスでは、基本的なプログラムは世界共通で、言語表示を国別に変えて提供しています。どの国のGoogleサイトでもサーバがその国にあるわけではありません。

そのため、日本にいながら海外向けに情報発信する際にも、日本でBloggerを使うことによるSEO(検索エンジン最適化)の有利不利はありません。

このブログは日本からアクセスすると、http://ticklerfile.blogspot.jp というURLですが、米国からアクセスすれば、http://ticklerfile.blogspot.com と国別ドメインが変わります。

なお、Bloggerを英語で使うには、Googleアカウント、Blogger双方の言語設定を「英語」にしておけばよいでしょう。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定