iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2011年12月23日金曜日

Skypeで外部マイクを認識しない【Windows XP】

レッツノートCF-T1でSkypeを使おうとしましたが、どうしても外部マイク入力を認識しませんでした。

1時間の試行錯誤の末にようやく原因が判明。

Skypeの「オーディオ設定」で「マイク設定を自動調整」が有効になっていると、Skypeが勝手に「コントロールパネル」の「オーディオの詳細設定」を変更し、「代替マイク」を有効にしてしまうために、外部マイクを認識しなくなるということがわかりました。

その対応策は、次の通りです。

1. Skypeの「オーディオ設定」で「マイク設定を自動調整」を無効に。

2.「コントロールパネル」の「サウンドとオーディオデバイス」を開く。

3.「オーディオ」タブの「録音」の「音量」を開く。

4.「録音音源」の「マイク」の「トーン」を開く。

5.「代替マイク」を無効に。



なお、Skypeで自分の声が相手に聞こえるかどうかについては、次のテストをしてみることをお薦めします。
  1. 「ツール」メニューの「設定」を開く
  2. 「一般」メニューの「オーディオ」設定の「無料音声テストサービスに発信」
  3. 自分の声を吹き込んで、聞いてみる
サンワサプライ ノートパソコン用マイクロホン MM-MC7もし声が途切れたり、遠かったりするときは、マイクとPCの相性が悪いことが考えられます。

私がLet's Note CF-T1用に使っているのは、サンワサプライ ノートパソコン用マイクロホン MM-MC7です。

上記のテストの結果が良好だった場合は、複数のソフトを起動して、同様のテストをしてみましょう。その結果が悪いときは、メモリ不足の可能性があります。


Share:

0 コメント:

コメントを投稿

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定