iPhone、Mac、PCとインターネット関連の備忘録です。自分のために書いたトラブルシューティングのメモを友人・知人と共有する感じで書いてます。

2011年1月22日土曜日

fonルータ接続時に「必要な証明書が見つかりませんでした」が出たら

iPhoneを買ったときにオマケでついてきたfonのルータをフレッツのモデムにつなぐと、iPhoneや新しいPCは問題なくWiFiにアクセスできるのに、古いWindows XPのPCだけはWiFiにアクセスしようとすると、

次のネットワークにログオンするのに必要な証明書が見つかりませんでした。

と表示されます。この意味不明なマイクロソフト語を日本語に翻訳すると、

PC側の無線LANアダプタが古くて、ルータ側の新しい暗号化方式に対応していません

という意味になります。こういう場合は、「PC側の無線LANアダプタを新しく買い換える」か、「ルータ側の暗号化方式を古いものにダウングレードする」かのいずれかで対応します。

もちろん、後者はセキュリティレベルが下がるので、前者のほうがお薦めです。

しかし、無線LAN内蔵型のPCでどうしても外付けの無線LANアダプタをつけたくないというときは、後者で妥協します。

その理由は、古いWindows XPマシンに内蔵されている無線LANは最新の暗号化方式(WPAまたはWPA2)に対応していないためです。

FONルータのデフォルトの暗号化方式はWPA2なので、そのままでは古いXPマシンからWiFi接続できません。そこで、FONルータの暗号化方式をXP対応のものにダウングレードする必要があるというわけです。

ルータの管理画面にアクセスします。

fonの場合は、MyPlaceに接続可能なPCまたはiPhoneから、MyPlace経由でWiFi接続して、ブラウザから「192.168.10.1」にアクセスし、「admin」でログインします。

管理画面にアクセスできたら、無線LANの暗号化方式を変えて保存します。 右上のプルダウンメニューから「WiFi」を選び、「暗号化」を「WEP」に、「モード」を「g/bミックス」に設定します。

fonの場合は、このとき「パスフレーズ(ネットワークキー)」が変わる場合があります。そのときは、パスフレーズをメモしておきます。 ルータの設定を変えたら、再度、無線LANにアクセスしてみます。

Windows XPでは、以前の設定が残っていて邪魔して接続できない場合があります。その場合は、FONルータの管理画面で「SSID」をMyPlaceから独自のものに変更します。

続けて、Windows XPの「ワイヤレスネットワーク接続」で新しいSSIDのアクセスポイントに接続して、パスワードを入力します。

これでWindows XPマシンからFONルータに接続できるようになります。忘れないうちに、このFONルータに接続するすべての端末のWiFi設定も変更しておきましょう。

なお、SSIDを変更したら、MyPlaceのアクセスポイントは不要になりますので、「ワイヤレスネットワーク接続」の「プロパティ」から「ワイヤレスネットワーク」のタブを開いて「優先ネットワーク」に残っている「MyPlace」の「SSID」を選んで「削除」しましょう。
Share:

0 コメント:

コメントを投稿

Featured Post

LinkedInスパム事故を防ぐiPhoneアプリの設定