2016年9月3日土曜日

EvernoteからOneNoteへの移行検討・比較

Evernoteの改悪(同期端末数制限)を受けて、しばらくOneNoteも併用してみました。その結論は、「OneNoteに移行せず、Evernote継続」でした。

私がEvernoteを選ぶ理由1:写真メモ機能

私はiPhoneで撮った写真にEvernoteでメモを書き込むことがよくあります。というよりも、Evernoteに写真メモ機能があるので、メモ代わりにiPhoneで写真を撮るようになったとも言えます。

下の写真は、iPhoneで撮った写真をEvernoteに取り込んで、その左上にピンクの字でメモを書き込んだものです。

このようにiPhoneで撮った写真にその場でメモを書き込めるのは、手書き感覚に近く、これに慣れてしまうとやめられないほど便利です。(詳しくは、「写真メモの使い方」のページを参照)

これと同じことをOneNoteにも期待したのですが、下図のように写真にメモを書き込む機能がありません。

この時点で、EvernoteからOneNoteへの移行は断念しました。

私がEvernoteを選ぶ理由2:軽さ

私のiPhoneは16GBの容量しかありません。そのため、容量食いアプリは、すぐに削除対象になります。

Evernoteがスゴいのは、iPhoneの画像を頻繁に取り込んでいるわりに容量が大きくならないことです。

アプリそのものも100MB未満とコンパクトですが、それにもましてデータ領域の軽さが脅威です。何十枚も画像を取り込んでいるのに、データ領域は13.6MBしか食っていません。素晴らしい処理です。

それに対して、OneNoteと来たら、どうしようもない容量食いです。アプリだけで236MBも食っています。あのPokémon GOですら173MBです。機能的にはEvernoteに劣るのに、この燃費のワルさは謎です。

さらにいけないのはデータ領域です。OneNote上の画像をすべて消してテキストだけ残した状態なのに93.0MBも食っています。一体どんな処理をしたら、そんなことになるのでしょうか。

Evernoteをエコカーに例えるなら、OneNoteはアメ車並みの燃費のワルさです。


結論

「iPhoneで撮った写真にメモを書き込みたい」、または「容量が小さい(16GB)iPhoneを使っている」なら、OneNoteよりもEvernoteに軍配が上がります。

0 件のコメント:

コメントを投稿