2015年12月23日水曜日

Mac版iTunesで「iPhoneを使用できません」が出たら

MacにiPhoneをつないだら、↓こんなメッセージが出てきて、iTunesと同期できなくなりました。
iPhone“*****”を使用できません。使用するにはこれより新しいバージョンの iTunes が必要です。www.itunes.com/jp で最新バージョンの iTunes をダウンロードしてください。

この原因は、Mac OSが古すぎて最新のiTunesをインストールできないことにあるようです。

iTunesのバージョンがiTunes 11で、iTunesメニューから「アップデートを確認...」しても、FinderのAppleメニューから「ソフトウェア・アップデート」をかけても、iTunes 12にアップデートされなければ、残念ながらMac OSが古すぎてダメだということです。

この対策は、Mac OSのアップグレードです。しかし、Mac本体が古すぎると、この対策も打てません。

私のMac(MacBook Mid 2007)では、実用上Mac OS X 10.6.8までしかアップグレードできません。わざわざiPhoneと同期するためだけにMacを買い換えるのは割に合いません。そこで、iPhoneの母艦をMacからWindows PCに変更することにしました。

iTunesのライブラリを外付HDドライブでMacからWindows PCに移動すれば、Windows PCのiTunesで今までどおりiPhoneと同期することができます。(詳しくは、「iPhone母艦変更」で検索)

それにしても、Appleのこの対応はひどすぎます。Appleとしては早くiTunes 12にユーザーを移行させたいのでしょう。だからと言って、今までiTunes 11でiPhoneと同期できていたものを、何の予告もなくわざわざできなくする必然性がありません。

2 件のコメント:

  1. 初めまして。私も同じことで悩んでいます。私のMacはOS X 10.7.5なのですが、こちらも古すぎるということでしょうか。。解決策がみつからず悩んでいます。

    返信削除
    返信
    1. 残念ながらiTunes 12.3からはOS X 10.7 Lionのサポートも打ち切られたみたいですね。

      削除