2015年10月31日土曜日

PowerPointの新規ファイルのデフォルトフォントをメイリオに

PowerPoint2013で新規ファイルのデフォルト(起動時)のフォントをメイリオに設定する方法をまとめます。

新規ファイルを開いて、「表示」メニューの「プレゼンテーションの表示」グループの「スライドマスタ」を開きます。

左側のマスター欄でトップのマスターを選んでから、「スライドマスター」メニューの「テーマの編集」グループの「フォント」サブメニューを開いて、日本語フォントがメイリオになっているものを選びます。

スライドマスターを閉じる」をクリックしてから、「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」を開きます。

ファイルの種類を「PowerPointテンプレート(*.potx)」に指定してから、保存場所を C:\Users(ユーザー)\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Templates に指定して、blank.potx というファイル名を付けて保存します。

PowerPointを一旦終了してから、再度開くと新規ファイルのテンプレートにDefault Themeが追加されます。

以後、Default Themeを開くとデフォルトフォントがメイリオになります。

なお、ファイルによっては、フォントパターンを設定したのに、新しくテキストボックスを作ると「MSPゴシック」になってしまうことがあります。

そのようなときには、テキストボックスを選択したらすぐに、そのフォントを「メイリオ」に設定して、そのテキストボックスを選択した状態のまま右クリックして「既定のテキストボックスに設定」して「保存」します。

以降、そのファイルでテキストボックスを作ると、デフォルトのフォントが「メイリオ」になります。

2015年10月10日土曜日

Mac版Evernoteのアンインストール(完全削除)

Mac OS X (Snow Leopard)でEvernote(エバーノート)をアンインストール(完全削除)する手順をまとめました。一部のQ&AサイトにEvernoteのアンインストールに削除用フリーソフトが必要であるかのような記述がありますが、まったく必要ありません。

まず、Evernoteプラグインが入っていそうなブラウザ(Safari, Firefox等)をすべて閉じます。

次に、Evernoteを起動して、「環境設定」を開きます。
Evernoteアプリケーション終了後も、Evernoteヘルパーをバックグラウンドで起動しておく」のチェックを外して、環境設定を閉じます。
Evernoteを終了して、メニューバーの「象アイコン」が消えていることを確認します。
アプリケーション」フォルダから「Evernote」をゴミ箱に捨てます。
ユーザー名/Library/Application Supportフォルダ下の「Evernote」フォルダをゴミ箱に捨てます。
ユーザー名/Library/CoreDataフォルダ下の「com.evernote.Evernote」フォルダをゴミ箱に捨てます。(このフォルダがデータの保存場所です。)
上記以外はたいした容量ではないので、放置してもかまいません。完全削除したい場合は、下記の不要ファイル/フォルダもゴミ箱に捨てます。

ユーザー名/Library/Preferencesフォルダ下の「com.evernote.Evernote.plist」「com.evernote.EvernoteHelper.plist」も不要です。
Group Containers」フォルダも不要です。
最後に、EvernoteをDockに入れている方は、Dock上のEvernoteを長押しして「オプション」→「Dockから取り除く」。

参考

2015年10月3日土曜日

iPhoneでGmailアプリの通知を消すには

iPhoneでGmailアプリを使っていますが、メールが多いので、Gmailの着信音を切っていました。

このところ、さらにメールが増えてきて、iPhoneのロック画面に表示される通知でさえ、うるさく感じていました。

そこで、iPhoneのロック画面に表示されるGmailアプリの通知を消すことにしました。

設定」アプリ→「通知」→「Gmail」を開きます。「ロック画面に表示」をOFFにします。
ちなみに、着信音を消すには、「サウンド」をOFFにします。