2013年10月20日日曜日

Mac用セキュリティ(アンチウィルス)ソフトの比較

Mac用のセキュリティ(ウィルス対策)ソフトと言えば、定番のNorton先生でしょう。その程度の認識で、私はMacにiAntivirusを入れていました。

しかし、その認識は化石だったようです。Thomas Reedさんというブロガーが20本のアンチウィルスのマルウェア検出率をテストしています。

  • avast! Free Antivirus 7.0
  • VirusBarrier 10.7.1
  • Sophos Anti-Virus for Mac 8.0.10C
  • VirusBarrier Express 1.1.6
  • Dr. Web Light 6.0.6
  • ESET Cybersecurity 4.1.86.4
  • Avira Mac Security 1.0.0.64
  • MacKeeper 2012 2.2
  • F-Secure Anti-virus for Mac 0.1.11361
  • Kaspersky Security 13.0.2.458
  • ProtectMac 1.3.1
  • Comodo Antivirus 1.1.214829.106
  • ClamXav 2.3.4
  • Norton Anti-Virus 12.4
  • Trend Micro Titanium 2.0.1279
  • BitDefender 2.21
  • iAntivirus 1.1.2
  • McAfee All Access Internet Security 2.0.0.0
  • WebRoot SecureAnywhere 8.0.2.103
  • MacScan 2.9.4
上記のそれぞれについて、128本のマルウェアに対する検出率をブログに載せています。

http://www.reedcorner.net/mac-anti-virus-testing-01-2013/

これによれば、Norton先生のiAntivirusったら、目も当てられない結果に。

20本のアンチウィルスを入れ替えながら、128本のマルウェアを食わせてテストするというのは、膨大な時間がかかることなので、そんなこと個人ブロガーがホントにやるのかと疑ってしまいます。

ところが、そのテスト結果の詳細データをPDFファイルで公開しており、なまじウソや手抜きとも思えません。

Avast!(アヴァスト)Sophos(ソフォス)の検出率の高さは、アンチウィルス比較団体のAV-comparativesの評価とも一致しています。

Avast!(アヴァスト)Sophos(ソフォス)は、フリーウェア(無料ソフト)ですから、このテスト結果を信じて試してみましょうかね。

あぁ、90年代にMacのアンチウィルスと言えば、Norton先生だったのに。昔日の感ですね。

2013年10月5日土曜日

Lumosityで脳トレ開始から1ヶ月の効果は?

プライベートエクイティファンドを手がけるKunal Sarkarが、スタンフォード大学で脳科学を研究していたMichael Scanlonと共同で立ち上げたベンチャー企業Lumosity.com

同社は、世界中の脳科学の研究者をネットワークして、彼らの研究成果をベースに開発した脳トレゲームをオンラインで提供し、ユーザーの脳トレデータを研究者にフィードバックして、人間の認知能力の向上に役立てるHuman Cognition Project(HCP)を組織している。

同社が提供しているオンライン脳トレLumosityは、世界に4000万人のユーザーがいる。僕もその一人だ。8月は1日3種類1回ずつ限定の無料お試しでやっていた。

しかし、あまりにも若いころのようにアタマが動かないことを思い知らされたので、とうとう9月になって年間アカウントを買って、本格的にやり始めた。

久しぶりにカラダを動かすと若い頃のように体が動かないことを痛感してジムに通い出すのとまったく同じように。

さて、↓これが9月の記録だ。

BPIはBrain Performance Indexの略で、Lumosity独自のアルゴリズムで評価した脳力指標だ。

Speedは判断スピード、Memoryは記憶力、Attentionは注意力、Flexibilityは柔軟性、Problem Solvingは問題解決力を指している。

BPIと同様にいずれもLumosity独自の指標なので、この数値を単独で見てもよいのか悪いのかさっぱりわからない。

これらの数値は、トレーニング開始時から見て、どれだけ伸びているかを見るための指標なのだろう。ここまでの指標は、無料アカウントでも見られる。

年間アカウントを買うと、自分が世界中の同年代のユーザーと比べてよいのか悪いのかを「パーセンタイル」という相対値で見ることができる。

簡単にいえば、同年代のトップユーザーを100点としたら自分が何点に換算されるかということなのだろう。

僕は全体的に80点台にいるが、本当はスピードと柔軟性は劣っている。これらが鈍っていることにショックを受けて、Lumosityのアカウントを買ったのだから。

スピードと柔軟性のスコアは「ドーピング」によるものだ。

どんな「ドーピング」をしたのか?

スピードと柔軟性に長けている妻が僕のアカウントでプレイしたというわけだ。

参考)

2013年10月2日水曜日

LinedInでコネクション(リンク,友達)を解除するには

転職活動が終了したら、使えなかったリクルーターやヘッドハンターとのコネクション(リンク,Facebookでいう友達)を解除しておきましょう。

LinkedInで[Network]メニューの[Contacts]を開きます。

画面右上の[Remove Connections]をクリックします。

コネクションを解除したいユーザーにチェックを入れて、[Remove Connections]ボタンをクリックします。

「コネクションの解除はキャンセルできないけど、いいの?」と念を押されますが、潔く[Yes, remove them]。

LinkedInは数より質の方が大事です。使えない人たちのコネクションは、「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる系の連中」と同類にみなされます。LinkedInではコネクションのメンテナンスもやっておきましょう。