2013年8月3日土曜日

Twitterの一括フォロー解除にManageFlitter

Twitterで誰でも彼でもフォローしていたら、タイムラインがゴミだらけになって使い物にならなくなりました。

そんなTwitterの掃除ツールを見つけました。それが、ManageFlitterです。初めてManageFlitterにアクセスしたら、Sign Inしましょう。


次にConnect to Twitterに行き、Twitterアカウントを入力して、登録画面で「Freebie(無料会員)」を選択。


ManageFlitterの管理画面に入ると、フォロー解除したいフォロワーのフィルタリング項目が画面左側にメニュー表示されます。

[Not Following Back]は、こちらがフォローしているのにフォロワーではない(フォロー返ししてない)人を意味します。

[No Profile Image]は、プロフィール写真を掲載していないフォロワー。

[Fake Following]は、直訳すれば「フォローもどき」。リフォロー(フォロー返し)目当てに誰彼かまわずフォローするスパムの疑いのある人。

例えば、この項目のフォロワーを一括フォロー解除する場合、まず[Fake Following]を選び、Display(表示)を開いて、Density(密度)を最も細かく設定します。

こうすると、表示数が増えて、便利です。

フォロー解除したいフォロワーのチェックボックスに1つずつチェックを入れて、画面右上のUnfollow(フォロー解除)。


全選択したいところですが、どうやらFreebieは全選択できないらしい。 [Non-Japanese]は、日本語以外の言語でつぶやくフォロワー。

この言葉は、通常「日本人以外」という意味で使われるが、試しにこの項目でフィルタリングすると日本人も含んでいるので、そうではなさそうです。

[Inactive]は、30日以内に何もつぶやいていない幽霊フォロワー。

Freebieのフォロー解除の上限は、1日100件です。その上限まではフォロー解除できるので、続けて、この項目でフォロー解除したい人にチェックを入れてアンフォローしてみました。

フォロー解除の上限を超えると、下記のように警告が出ます。

チェックを外して上限以内に収まると警告が消えます。ここで、Unfollow

Freebie(無料会員)の場合、24時間経過後にまた100件のフォロー解除ができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿